相関図ジェネレータの使い方

相関図ジェネレータの使い方ですが
「サイトに行けばすぐ判ります。」
って言ってしまえばそれまでなのですが、
注意点は記入する文字は『ひらがな』
ということです。

これはサイトにも書いてありますが、ひらがな以外で記述すると
「ひらがなで 入力して 下さい」
と表示されます。

で、関係を知りたい人の名前を全てひらがなで記述して
【Enter】を押すと、その人たちの人間関係の図が作成されます。
入力した人名の間に線が引かれ、その人たちの関係が「不思議」
「中途半端」「肉体関係」「苦手」「S」「M」などと評価されます。

ネットでは、「なんとなく的を得ているような気がする」
「これはないだろう」といった感想の他、
「こっそりと好きな相手や嫌いな相手の名前を書いて一喜一憂するのが正しい使い方です。」
「いまやってるゲームとかゲームとかのキャラクタの名前を入れるととても楽しいです。」などと言った楽しみ方を紹介する人もいます。
posted by 相関図ジェネレータ マニア at 19:16 | Comment(31) | TrackBack(3) | 日記

脳内メーカー,体内メーカーはもう古い?

脳内メーカー,体内メーカーをはじめ、脳内相性メーカー,前世の脳内メーカー,脳内フェチメーカー,高校メーカー,Tシャツメーカー,都市メーカー,戦隊メーカー,相撲部屋メーカー,カレンダーメーカー,そして脳内メーカー(正面),脳内イメージメーカー,体内メーカーなどネット上には色々な「○×メーカー」が存在しています。

しか〜し、もう「○×メーカー」の時代は去りました。
これからは「ジェネレータ」時代です。
そしてその中でも「相関図ジェネレータ」です。

相関図ジェネレータには
「ネットワーク型」と「スター型」の2種類があります。

「ネットワーク型」は
自分の名前と友達の名前を、2〜5人までで入力し、Enterを押します。
それだけで自動的に相関図を作成してくれます。

「スター型」は
1人に対する他の人との関係を作成します。
1人目に対象となる人の名前を、その人との関係を知りたい人の名前を2人目以降に入力します。

アクセスが多いので今はサーバーが3つ用意されています。
posted by 相関図ジェネレータ マニア at 02:02 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。